廃車の手続き方法

廃車をする前にお済みですか?

●車が事故で大破してしまった。
●故障して動かなくなった。
●古くなったので廃車にしたい。
など、廃車にする理由はそれぞれあることと思います。
しかし廃車にする前に車の買取査定で見積もりを取りましたか?
実は事故をして動かなくなった車や15年以上経ったような古い車でも買取で売れることが多いのです。
「ぼろぼろの車だから売れるわけないだろう」
などとあきらめる前に、ぜひ一度全国の無料査定に依頼してみてください。
思わぬ高値で売れることもありますよ。

◆動く車の査定はこちらから>>愛車買取
◆事故などで動かない車の査定はこちらから>>事故車買取

愛車との別れ

 自動車に乗らない生活スタイルになった、他の車を買ってしまった、事故にあって動かない状態になってしまった。愛車との別れには様々な理由がありますが、最後だからこそきっちり綺麗に終わりたいものです。
 このサイトでは平成14年に公布された「自動車リサイクル法」に関するリサイクル料金の支払いといった、知らないと困る事から、税金・保険金の還付など知っているとおトクな事まで、自動車の廃車手続きの解説をしています。

自動車の抹消登録

 自動車の抹消登録は大きく3つに分かれており、「輸出抹消登録:自動車を海外に輸出するために行う抹消登録」という、一般の人にはあまり関係のないものを除くと、以下の2つに大別されます。このサイトで扱う廃車とは、下の「永久抹消登録」の事です。

一時抹消登録

「一時的にその車に乗らない」と、届け出を行う状態です。再び登録・検査を行うと、その車に乗れるようになります。
 一時抹消登録を行うと自動車税の課税対象外になります。自動車税は税金の還付を受けることができますが、自動車重量税の還付をうけることはできません。また、軽自動車の自動車税は年額納付のため軽自動車の自動車税も還付をうけることはできません。

永久抹消登録

「もう二度とその車に乗らない」と、車を解体する状態です。運輸局の自動車登録ファイルから、その車に関する内容を消してしまうため、再び登録して乗る事はできません。
 永久抹消登録は自動車の解体完了後でなければ行う事ができません。自動車税および自動車重量税の還付を受ける事ができます。