カバー画像

自動車税・自動車重量税の還付

■自動車税・自動車重量税の還付とは
 廃車にする場合、残存する納税該当期間に応じて自動車税・自動車重量税が還付されます。残存期間は1ヶ月単位で計算され、端数は切り捨てられるため1ヶ月に満たない場合は還付を受けることができません。

 自動車税は、4月1日からの1年単位で納税していますので、9月に廃車した場合、端数の9月分を除いて、10月〜翌年3月までの6ヶ月分の税金が還付されます。
 自動車重量税は、通常車検と同時に納税していますので、廃車した月は端数分として除かれ、廃車翌月から次回車検までの月数分、税金が還付されます。

■自動車税の還付を受けるための方法
 自動車税の還付に特別な手続きは必要ありません。廃車手続きが終了してから2ヶ月ほどで、陸運局から「還付のお知らせ」という通知書が送られてきますので、それを金融機関に持っていけば還付金を受け取ることができます。

■自動車重量税の還付を受けるための方法
 還付申請書は永久抹消登録申請書又は解体届出書と一体になっており、運輸支局等に近接する関係団体の窓口で入手できます。この申請書・届出書を運輸支局等に届ける事で手続きが完了します。(運輸支局等から税務署へ届出が引き継がれるので、別途税務署に行く必要はありません)永久抹消登録申請または解体届出の手続きを済ませた自動車について、後日、還付申請を行う事はできないので注意が必要です。

・申請書の提出先
 永久抹消登録申請と同時の場合は登録自動車の使用の本拠の位置を管轄する運輸支局または、自動車検査登録事務所。解体届け出の場合は、最寄りの運輸支局または自動車検査登録事務所です。軽自動車の場合は、それぞれ(本拠の位置を管轄する)軽自動車検査協会の事務所になります。