カバー画像

普通自動車の抹消登録

普通自動車の抹消登録についての流れや普通自動車の抹消登録における必要書類などについて解説をします。
自動車の抹消登録とは、運輸局で登録を受けている車について、その使用を一時的に中止する場合や、廃車にする場合、また車を海外へ輸出する時に行う手続きのことを総称したものです。

抹消登録は、以下の三つに分類されます。
・永久抹消登録…事故で物理的にその自動車にはもう乗れないような場合に、登録上でも二度と乗れない状態にすること
・一時抹消登録…一時的に自動車を使用しなくなる場合に行う手続きのことで、再登録することで再びその自動車にのることが可能
・輸出抹消登録…自動車を海外に輸出するために行う抹消登録


<普通自動車の抹消登録のながれ>

1.抹消登録をする自動車のナンバープレートを外します
 もちろん封印(後ろのナンバープレートを取り外せないようにしてあるキャップ)を破壊してかまいません
 し、事故車の場合はナンバープレートが滅茶苦茶になっている場合もありますが、とにかく外します。

2.抹消登録に必要な書類を作成します

3.運輸支局に外したナンバープレートを返却して、抹消登録の申請をします

4.申請の内容と書類に不備がなければ抹消登録が完了します

*永久抹消登録の場合には、自動車の解体が行われた事実を証明してから抹消登録をします。抹消登録の申請書に「移動報告番号」「解体報告記録がなされた日」などを記載する必要があります

*一時抹消登録を行うと「一時抹消登録証明書」が発行されます。再登録の際には、普通自動車の新規登録と同じ手続きが必要となりますので、きちんと保管しておきましょう。

*一時抹消登録後に自動車を解体して、永久抹消することも可能です

*輸出抹消登録を行うと、「輸出抹消仮登録証明書」または「輸出予定届出証明書」の交付を受けます。輸出時にこの書類を税関に提示して、自動車を輸出をします。正式な抹消登録の時期は通関後、自動車が輸出された時になります。

では、次に抹消登録に必要な書類を掲載しておきます。

<普通自動車の抹消登録に必要な書類>

・申請書(使用済自動車の解体の場合のみOCR シート第3号様式の3
     それ以外の場合はOCR シート第3号様式の2)
・手数料納付書(自動車検査登録印紙を添付)
・印鑑証明書
・自動車検査証
・委任状(所有者が登録に行けない場合のみ)
・ナンバープレート

*自動車検査証に記載してある所有者の住所が印鑑証明書と異なっている場合、
住所移動のつながりを証明するために住民票などが必要です。

*氏名に変更のある場合には戸籍謄本または抄本が必要です。

最後に、普通自動車の抹消登録に必要な費用についてまとめておきます。

<普通自動車の抹消登録に必要な費用>

・登録手数料…350円
*氏名・住所に変更がある場合は変更登録手数料も必要です。